« 2022年5月 | トップページ | 2022年7月 »

2022年6月

2022年6月30日 (木)

今日30日から7月2日まで日差しが強く真夏の暑い日が続く。大気は安定で午後の雷雨の可能性もほぼない。耕耘作業には最適だが熱中症などに注意が必要。

(6月30日7時40分更新)

***具体的な各社予報はリンクから参照ください。***

●今日30日から7月2日まで日差しが強く真夏の暑い日が続く。大気は安定で午後の雷雨の可能性もほぼない。耕耘作業には最適だが熱中症などに注意が必要。

●7月2日夜から雨が予想され、3日以降も南海上から湿った空気の流入で、梅雨時期のような雨模様が数日続く見込み。この2日までが作業可能日、播種チャンスとみる。

●その後、強い日差しが戻っても大気の状態は不安定で、晴れても午後は雷雲による強い雨といった日が続く・・といった天候を見こむ。

 

★気象協会予報 (詳細は→ 10日天気予報(気象協会)

★ウェザーニュースの週間天気 →  こちら(WNI)

★気象庁週間天気予報 → こちら(その週の平年値や予報

の信頼度などの付加情報あり。)

2022年6月29日 (水)

今日29日から7月2日まで日差しが強く真夏の暑い日が続く。大気は安定で午後の雷雨の可能性もほぼない。耕耘作業には最適だが熱中症などに注意が必要。

(6月29日7時20分更新)

***具体的な各社予報はリンクから参照ください。***

●今日29日から7月2日まで日差しが強く真夏の暑い日が続く。大気は安定で午後の雷雨の可能性もほぼない。耕耘作業には最適だが熱中症などに注意が必要。

●7月3日頃から天気は下り坂で大気の状態が不安定になり雷雲等による強い雨の可能性が高くなる。その後の数日間、梅雨に戻ったような天気が続く見込み。

 

★気象協会予報 (詳細は→ 10日天気予報(気象協会)

★ウェザーニュースの週間天気 →  こちら(WNI)

★気象庁週間天気予報 → こちら(その週の平年値や予報

の信頼度などの付加情報あり。)

2022年6月28日 (火)

今日28日から7月2日まで日差しが強く真夏の暑い日が続く。大気は安定で午後の雷雨の可能性もほぼない。耕耘作業には最適だが熱中症などに注意が必要。

(6月28日7時20分更新)

***具体的な各社予報はリンクから参照ください。***

●今日28日から7月2日まで日差しが強く真夏の暑い日が続く。大気は安定で午後の雷雨の可能性もほぼない。耕耘作業には最適だが熱中症などに注意が必要。

●7月3日頃から天気は下り坂で大気の状態が不安定になり雷雲等による強い雨の可能性が高くなる。その後の数日間、梅雨に戻ったような天気が続く見込み。

 

★気象協会予報 (詳細は→ 10日天気予報(気象協会)

★ウェザーニュースの週間天気 →  こちら(WNI)

★気象庁週間天気予報 → こちら(その週の平年値や予報

の信頼度などの付加情報あり。)

2022年6月27日 (月)

今日27日、晴れ間も多いが今日も蒸し暑く大気の状態は昨日よりも不安定が増して規模の大きな雷雲発生もありうる。降水確率はやや高めなので、空の異変を見てレーダー等を活用する。雨量としては少なめを見込むが、15時までに作業完了した方が無難だろう。

(6月27日7時30分更新)

***具体的な各社予報はリンクから参照ください。***

●今日27日、晴れ間も多いが今日も蒸し暑く大気の状態は昨日よりも不安定が増して規模の大きな雷雲発生もありうる。降水確率はやや高めなので、空の異変を見てレーダー等を活用する。雨量としては少なめと見込むが、15時までに作業完了した方が無難だろう。

●その後、28日頃から本格的に夏の天気となる見込みで、梅雨明け宣言の可能性もあるが時期尚早とみて様子見か? このままだと中国地方は梅雨がなかったという宣言修正が入ってもおかしくない。

●7月2日頃までは夏の天気が続く見込みだが、3日頃から大気の不安定が増して午後は雷雨になる日が続く? 戻り梅雨のような天気になる予想もあり、雨への期待は残したい。空梅雨は勘弁して欲しい。

 

★気象協会予報 (詳細は→ 10日天気予報(気象協会)

★ウェザーニュースの週間天気 →  こちら(WNI)

★気象庁週間天気予報 → こちら(その週の平年値や予報

の信頼度などの付加情報あり。)

2022年6月26日 (日)

今日26日から27日にかけて、晴れ間も多いが蒸し暑く大気の状態はやや不安定で雷雲発生もありうる。ただし降水確率としては低め。

(6月26日9時50分更新)

***具体的な各社予報はリンクから参照ください。***

●今日26日から27日にかけて、晴れ間も多いが蒸し暑く大気の状態はやや不安定で雷雲発生もありうる。ただし降水確率としては低め。

●その後、28日頃から本格的に夏の天気となる見込みで、梅雨明け宣言の可能性もあるが時期尚早とみて様子見か? このままだと中国地方は梅雨がなかったという宣言修正が入ってもおかしくない。

●7月3日頃までは夏の天気が続く見込みだが、その後は戻り梅雨のような天気になる予想もあり、雨への期待は残したい。空梅雨は勘弁して欲しい。

 

★気象協会予報 (詳細は→ 10日天気予報(気象協会)

★ウェザーニュースの週間天気 →  こちら(WNI)

★気象庁週間天気予報 → こちら(その週の平年値や予報

の信頼度などの付加情報あり。)

2022年6月25日 (土)

今日25日から27日にかけて、晴れ間も多いが蒸し暑く大気の状態はやや不安定で雷雲発生もありうる。ただし降水確率としては低め。

(6月25日7時00分更新)

***具体的な各社予報はリンクから参照ください。***

●昨夜の雨は勝央町から奈義町で15㎜~20㎜程度。黒大豆の水やりは何とか回避できたか。

●今日25日から27日にかけて、晴れ間も多いが蒸し暑く大気の状態はやや不安定で雷雲発生もありうる。ただし降水確率としては低め。

●その後、28日頃から本格的に夏の天気となる見込みで、梅雨明け宣言の可能性もあるが時期尚早とみて様子見か? このままだと中国地方は梅雨がなかったという宣言修正が入ってもおかしくない。

●7月3日頃までは夏の天気が続く見込みだが、その後は戻り梅雨のような天気になる予想もあり、雨への期待は残したい。空梅雨は勘弁して欲しい。

 

★気象協会予報 (詳細は→ 10日天気予報(気象協会)

★ウェザーニュースの週間天気 →  こちら(WNI)

★気象庁週間天気予報 → こちら(その週の平年値や予報

の信頼度などの付加情報あり。)

2022年6月24日 (金)

今日24日、朝のうちは日差しはあるが雲が厚くなり、夜から25日朝にかけて雨(を期待)。予想雨量は数㎜~20㎜程度とみるが、ここでしっかり降らないとその後にまとまった雨は期待できない。水やり作業が発生。

(6月24日6時30分更新)

***具体的な各社予報はリンクから参照ください。***

●今日24日、朝のうちは日差しはあるが雲が厚くなり、夜から25日朝にかけて雨(を期待)。予想雨量は数㎜~20㎜程度とみるが、ここでしっかり降らないとその後にまとまった雨は期待できない。水やり作業が発生。

●その後、27日頃まで停滞すると予想していた前線の活動は非常に弱く、梅雨といってもまとまった雨は期待できない。例年よりも極端に少ない見込みとなった。

●28日頃から前線は一気に北上し(消失し)、本格的な夏の天気となる可能性が高まった。農作物への雨は全く足りていない。ひどい空梅雨になる。

 

★気象協会予報 (詳細は→ 10日天気予報(気象協会)

★ウェザーニュースの週間天気 →  こちら(WNI)

★気象庁週間天気予報 → こちら(その週の平年値や予報

の信頼度などの付加情報あり。)

2022年6月23日 (木)

今日23日、お昼前後に降水確率がやや高くなる予想。西から迫る雨雲に注意。昼過ぎまで降らなければその後の雨はない見込み。降った場合の雨量は数㎜以内。24日は好天で、大気の状態も安定傾向で雷雲の発生は少ない。

(6月23日7時20分更新)

***具体的な各社予報はリンクから参照ください。***

●今日23日、お昼前後に降水確率がやや高くなる予想。西から迫る雨雲に注意。昼過ぎまで降らなければその後の雨はない見込み。降った場合の雨量は数㎜以内。24日は好天で、大気の状態も安定傾向で雷雲の発生は少ない。

●25日以降、前線は北上して中国地方にもかかる見込みで、27日頃まで梅雨らしい天気となる可能性があるが、雨量としては例年よりもずっと少ない見込みとなった。

●28日頃から前線は一気に北上し(消失し)、本格的な夏の天気となる可能性が高まった。農作物への雨は全く足りていない。早々梅雨明けにならねばよいが・・・。

 

★気象協会予報 (詳細は→ 10日天気予報(気象協会)

★ウェザーニュースの週間天気 →  こちら(WNI)

★気象庁週間天気予報 → こちら(その週の平年値や予報

の信頼度などの付加情報あり。)

2022年6月22日 (水)

今日22日、曇天で午後はにわか雨の可能性がやや高まる。雷雲規模は小さめで当地を通過する可能性は低いとみて準備。

(6月22日8時20分更新)

***具体的な各社予報はリンクから参照ください。***

●今日22日、終日曇天で午後はにわか雨の可能性がやや高まる。雷雲規模は小さめで当地を通過する可能性は低いとみて準備。

●23日と24日は回復し、大気の状態も安定傾向で雷雲の発生は少ない。21日の雨量が少なかったため(5㎜程度)、24日には耕耘や播種作業が可能になりそう。

●25日以降、前線は北上して中国地方にもかかる見込みで、27日頃まで梅雨らしい天気が続く可能性が高い。

●28日頃から前線は一気に北上し(消失し)、本格的な夏の天気となる可能性がある。ただし予想は不安定であり、可能性の一つとしてみる。

 

★気象協会予報 (詳細は→ 10日天気予報(気象協会)

★ウェザーニュースの週間天気 →  こちら(WNI)

★気象庁週間天気予報 → こちら(その週の平年値や予報

の信頼度などの付加情報あり。)

2022年6月21日 (火)

今日21日から22日にかけて久しぶりの雨模様。ただし大降りはせず止み間の多い雨で、雨量は少ない見込み。

(6月21日6時40分更新)

***具体的な各社予報はリンクから参照ください。***

●今日21日から22日にかけて久しぶりの雨模様。ただし大降りはせず止み間の多い雨で、雨量は少ない見込み。

●23日と24日は回復し、22日までの雨量では24日には耕耘等の作業が可能になるかも。

●25日以降、前線は北上して本格的な夏の天気となる可能性がある。ただし予想は不安定であり、可能性の一つとしてみる。梅雨らしい雨がどの程度続くのか、ここ数日の天気に注目。

 

★気象協会予報 (詳細は→ 10日天気予報(気象協会)

★ウェザーニュースの週間天気 →  こちら(WNI)

★気象庁週間天気予報 → こちら(その週の平年値や予報

の信頼度などの付加情報あり。)

2022年6月20日 (月)

今日20日、天気は下り坂で日差しは弱いが蒸し暑くなる。午後は小規模の雷雲が発生するが移動がなく降水確率は低め。ただしレーダー等の実況には注意。

(6月20日6時20分更新)

***具体的な各社予報はリンクから参照ください。***

●今日20日、天気は下り坂で日差しは弱いが蒸し暑くなる。午後は小規模の雷雲が発生するが移動がなく降水確率は低め。ただしレーダー等の実況には注意。

●21日から23日にかけて午後の雷雨と前線による雨が繰り返す。止み間はあるが耕耘等の作業は厳しい。梅雨前線による非常に強い雨は四国など南に限られ、県北では激しい雨はない見込み。

●24日以降、一時的かもしれないが前線は北上して本格的な夏の天気となる可能性がある。ただし予想は不安定であり、可能性の一つとしてみる。梅雨らしい雨がどの程度あるのか、ここ数日の天気に注目。

 

★気象協会予報 (詳細は→ 10日天気予報(気象協会)

★ウェザーニュースの週間天気 →  こちら(WNI)

★気象庁週間天気予報 → こちら(その週の平年値や予報

の信頼度などの付加情報あり。)

2022年6月19日 (日)

今日19日、日差しが強く暑くなる。午後は小規模の雷雲が発生して頭上を通過する可能性もあり、レーダー等の実況を注意。

(6月19日6時50分更新)

***具体的な各社予報はリンクから参照ください。***

●今日19日、日差しが強く暑くなる。午後は小規模の雷雲が発生して頭上を通過する可能性もあり、レーダー等の実況を注意。

●20日は雲が増えてやや過ごしやすいが、午後の雷雲発生の可能性は高く降水確率もやや高くなる。

●21日以降の降水確率はそれほど高くはなく、比較的少ない雨量となる可能性もでてきた。十分な雨か少雨で猛暑のどちらになるかは、まだ微妙。

 

★気象協会予報 (詳細は→ 10日天気予報(気象協会)

★ウェザーニュースの週間天気 →  こちら(WNI)

★気象庁週間天気予報 → こちら(その週の平年値や予報

の信頼度などの付加情報あり。)

2022年6月18日 (土)

今日18日、午前中心に雲が多いが日差しもあり暑くなる。小規模の雷雲が発生して頭上を通過する可能性もあり、レーダー等の実況を注意。

(6月18日6時50分更新)

***具体的な各社予報はリンクから参照ください。***

●今日18日、午前中心に雲が多いが日差しもあり暑くなる。小規模の雷雲が発生して頭上を通過する可能性もあり、レーダー等の実況を注意。

●19日は日差しが強く、非常に暑くなる。午後の雷雲の規模もやや大きくなる可能性が高く、降水確率もやや高くなる。

●すでに梅雨入りを宣言したが、20日までは晴れ間が多く、不確定要素はあるが本格的な雨期は21日からと見こむ。

 

★気象協会予報 (詳細は→ 10日天気予報(気象協会)

★ウェザーニュースの週間天気 →  こちら(WNI)

★気象庁週間天気予報 → こちら(その週の平年値や予報

の信頼度などの付加情報あり。)

2022年6月17日 (金)

今日17日、雲が時々厚くなるが日差しもあり暑くなる。小規模の雷雲可能性もあるが降水確率は低い。

(6月17日7時50分更新)

***具体的な各社予報はリンクから参照ください。***

●今日17日、雲が時々厚くなるが日差しもあり暑くなる。小規模の雷雲可能性もあるが降水確率は低い。

●18日もほぼ同様の天気で晴れるがやはり午後に降水確率がやや高くなる。現時点では両日とも雨の可能性は低いとして準備。

●この14日に梅雨入りを宣言したが、19日の降水確率はやや低めに変わり、22日頃までまとまった雨が予想されなくなった。予断を許さないが、本格的梅雨入りは当面ないかも。

 

★気象協会予報 (詳細は→ 10日天気予報(気象協会)

★ウェザーニュースの週間天気 →  こちら(WNI)

★気象庁週間天気予報 → こちら(その週の平年値や予報

の信頼度などの付加情報あり。)

2022年6月16日 (木)

今日16日、雲が厚いが午後遅くから時々晴れ間も?午後に一時的に小規模の雷雲可能性もあるが降水確率は低い。

(6月16日8時50分更新)

***具体的な各社予報はリンクから参照ください。***

●今日16日、雲が厚いが午後遅くから時々晴れ間も?午後に一時的に小規模の雷雲可能性もあるが降水確率は低い。

●17日は日差しが強く暑くなるが雷雨の可能性もあるので注意。18日も晴れるがやはり午後に降水確率がやや高くなる。現時点では両日とも雨の可能性は低いとして準備。

●この14日に梅雨入りを宣言した。19日から降水確率が高くなり、その後も雨の日が続きそう。やっと梅雨らしい天気になる。

 

★気象協会予報 (詳細は→ 10日天気予報(気象協会)

★ウェザーニュースの週間天気 →  こちら(WNI)

★気象庁週間天気予報 → こちら(その週の平年値や予報

の信頼度などの付加情報あり。)

2022年6月15日 (水)

今日15日、終日曇天で午後は一時的だが小規模の(雷)雨の可能性に注意。0~10㎜程度で考える。

(6月15日7時40分更新)

***具体的な各社予報はリンクから参照ください。***

●今日15日、終日曇天で午後は一時的だが小規模の(雷)雨の可能性に注意。0~10㎜程度で考える。

●16日~18日の間は天気が回復するが大気の状態は不安定で、午後は雷雲発生を繰り返す。雨量があるかどうかの予想は難しいのでレーダーなど実況で見るしかなさそう。降水確率としては30%前後。

●この14日に梅雨入りを宣言したが、梅雨らしい雨は少ない見込み。19日または20日から本格的になるか?

 

★気象協会予報 (詳細は→ 10日天気予報(気象協会)

★ウェザーニュースの週間天気 →  こちら(WNI)

★気象庁週間天気予報 → こちら(その週の平年値や予報

の信頼度などの付加情報あり。)

2022年6月14日 (火)

今日14日、終日雨だが止み間もありそう。ただ一時やや強く降る時間帯も。15日朝まで雨が残りそうで、2日間の合計雨量は10~30㎜程度で考える。

(6月14日6時30分更新)

***具体的な各社予報はリンクから参照ください。***

●今日14日、終日雨だが止み間もありそう。ただ一時やや強く降る時間帯も。15日朝まで雨が残りそうで、2日間の合計雨量は10~30㎜程度で考える。

●16日~18日の間は天気が回復するが大気の状態は不安定で、午後は雷雲発生を繰り返す。雨量があるかどうかの予想は難しいのでレーダーなど実況で見るしかなさそう。降水確率としては30%前後。

●今回14日の雨で梅雨入り宣言する可能性もあるが、当面梅雨らしい雨はない。前線はまだ四国沖にあり、中国地方まで上がってくるのは19日頃からか? まだ予想は不安定で微妙。例年よりもかなり遅くなりそう。

 

★気象協会予報 (詳細は→ 10日天気予報(気象協会)

★ウェザーニュースの週間天気 →  こちら(WNI)

★気象庁週間天気予報 → こちら(その週の平年値や予報

の信頼度などの付加情報あり。)

2022年6月13日 (月)

今日13日までは晴れ。明日14日の雨量予想はやや少なめになり、15日午前も雨が残る可能性もあるが、二日間の雨量は10~30㎜程度で考える。

(6月13日7時40分更新)(昨日はお休みしました)

***具体的な各社予報はリンクから参照ください。***

●今日13日までは晴れ。明日14日の雨量予想はやや少なめになり、15日午前も雨が残る可能性もあるが、二日間の雨量は10~30㎜程度で考える。

●16日~18日の間は天気が回復するが大気の状態は不安定で、午後は雷雲発生を繰り返す。雨量があるかどうかの予想は難しいのでレーダーなど

実況で見るしかなさそう。降水確率としては30%前後。

●19日頃からは梅雨入りする可能性が高くなったが、まだ予想は不安定で微妙。

 

★気象協会予報 (詳細は→ 10日天気予報(気象協会)

★ウェザーニュースの週間天気 →  こちら(WNI)

★気象庁週間天気予報 → こちら(その週の平年値や予報

の信頼度などの付加情報あり。)

2022年6月11日 (土)

今日11日、曇天で時々雨模様になる程度で止み間の方が多い見込み。雨量としては0~10㎜程度と少ない。

(6月11日7時05分更新)

***具体的な各社予報はリンクから参照ください。***

●今日11日、曇天で時々雨模様になる程度で止み間の方が多い見込み。雨量としては0~10㎜程度と少ない。

●12日から13日は好天となる。14日にまとまった雨が予想され、15日も雨が残る可能性もあるが、二日間の雨量は10~50㎜程度で考える。

●16日以降数日の間は天気が回復する予報もあり、その後に梅雨入りするかどうかはまだ微妙。18日頃まで梅雨らしい雨がない可能性も念頭に計画しておく必要もある。

 

★気象協会予報 (詳細は→ 10日天気予報(気象協会)

★ウェザーニュースの週間天気 →  こちら(WNI)

★気象庁週間天気予報 → こちら(その週の平年値や予報

の信頼度などの付加情報あり。)

2022年6月10日 (金)

今日10日も午前中はよく晴れて作業が進む。昨日同様に県北西部の山岳部で雷雲発生するが、規模はやや大きく、当地への影響に注意。レーダー等を利用。

(6月10日9時00分更新)

***具体的な各社予報はリンクから参照ください。***

●今日10日も午前中はよく晴れて作業が進む。昨日同様に県北西部の山岳部で雷雲発生するが、規模はやや大きく、当地への影響に注意。レーダー等を利用。

●11日に前線が北上し県北まで雨域がかかる可能性が高いが、雨量の程度はやや少なめで5~20㎜の範囲で考える。

●12日からは回復する見込みで、次の雨は14日頃予想されている。ここでの雨は10~30㎜程度で考える。梅雨入りを宣言する可能性もやや高くなってきた。

 

★気象協会予報 (詳細は→ 10日天気予報(気象協会)

★ウェザーニュースの週間天気 →  こちら(WNI)

★気象庁週間天気予報 → こちら(その週の平年値や予報

の信頼度などの付加情報あり。)

2022年6月 9日 (木)

今日9日、よく晴れて作業が進む。県北西部の山岳部で小規模の雷雲発生の可能性もあるが、当地域への降水はない見込み。

(6月9日9時00分更新)

***具体的な各社予報はリンクから参照ください。***

●今日9日、よく晴れて作業が進む。県北西部の山岳部で小規模の雷雲発生の可能性もあるが、当地域への降水はない見込み。

●10日は大気が不安定になり雷雲発生もありうる。ただし当地域での雨の可能性は低い。

●11日に前線が北上し県北まで雨域がかかる可能性が高いが、雨量の程度はやや少なめで5~20㎜の範囲で考える。

●12日からは回復する見込みで、次の雨は14日頃予想されている。ここでの雨は10~30㎜程度で考える。梅雨入りを宣言する可能性もやや高くなってきた。

 

★気象協会予報 (詳細は→ 10日天気予報(気象協会)

★ウェザーニュースの週間天気 →  こちら(WNI)

★気象庁週間天気予報 → こちら(その週の平年値や予報

の信頼度などの付加情報あり。)

2022年6月 8日 (水)

今日8日、雲がやや多いが基本晴れベース。9日も好天だが午後の雷雲発生には注意が必要。降水確率としては低い。

(6月8日7時40分更新)

***具体的な各社予報はリンクから参照ください。***

●今日8日、雲がやや多いが基本晴れベース。9日も好天だが午後の雷雲発生には注意が必要。降水確率としては低い。

●10日は大気が不安定になり大気の状態は不安定、雷雲発生もありうる。降水の有無は微妙だがまとまった雨量とはならないとして、作業可能日としておく。ただし濡れては困る作業は別。

●11日頃から前線が北上傾向で、県北まで雨域が北上する可能性があるが、雨量の程度は微妙。

●12日からは回復する見込みで、次の雨は15日頃予想されているが、ここで梅雨入りを宣言するかどうかは微妙。まだ不確定要素は大きく、あくまで目安とする。

 

★気象協会予報 (詳細は→ 10日天気予報(気象協会)

★ウェザーニュースの週間天気 →  こちら(WNI)

★気象庁週間天気予報 → こちら(その週の平年値や予報

の信頼度などの付加情報あり。)

2022年6月 7日 (火)

今日7日、次第に回復するが、午前中を中心に雲が多く、時折ごく弱い霧雨上の雨。ただし雨量にはならない。風はやや強く吹くときもあるが、土の乾きは悪く今日はまだ耕耘は無理か。

(6月7日11時50分更新)

***具体的な各社予報はリンクから参照ください。***

●今日7日、次第に回復するが、午前中を中心に雲が多く、時折ごく弱い霧雨上の雨。ただし雨量にはならない。風はやや強く吹くときもあるが、土の乾きは悪く今日はまだ耕耘は無理か。

●10日頃まで晴れベース予想だが、10日午後は大気が不安定になり雷雲発生も。作業は10日午前中まで。

●11日頃から前線が北上傾向で、県北まで雨域が北上する可能性があるが、雨量の程度は微妙。

●12日からは回復する見込みで、次の雨は15日頃予想されているが、ここで梅雨入りを宣言するかどうかは微妙。まだ不確定要素は大きく、あくまで目安とする。

 

★気象協会予報 (詳細は→ 10日天気予報(気象協会)

★ウェザーニュースの週間天気 →  こちら(WNI)

★気象庁週間天気予報 → こちら(その週の平年値や予報

の信頼度などの付加情報あり。)

2022年6月 6日 (月)

今日6日にはまとまった雨はないが霧雨が残り天気はすっきりしない。7日~8日も雲が多く不安定で強い日射が戻るのは9日。

(6月6日8時50分更新)

***具体的な各社予報はリンクから参照ください。***

(昨日はお休みしました)

●今朝までの雨量は32㎜(奈義)、たっぷりの雨で2~3日間は耕耘は困難。

●今日6日にはまとまった雨はないが霧雨が残り天気はすっきりしない。7日~8日も雲が多く不安定で強い日射が戻るのは9日。

●10日頃まで晴れベース予想だが、11日頃から前線が北上傾向だが、県北まで雨域が北上するかどうかが微妙。11日の天気の予想は難しい。

●梅雨入りは例年よりも遅く中旬頃という報道もあるが、まだ不確定要素は大きく、あくまで目安とし早まる可能性も念頭におく。

 

★気象協会予報 (詳細は→ 10日天気予報(気象協会)

★ウェザーニュースの週間天気 →  こちら(WNI)

★気象庁週間天気予報 → こちら(その週の平年値や予報

の信頼度などの付加情報あり。)

2022年6月 4日 (土)

晴れは今日4日まで。5日は朝から雲が次第に厚くなり、夕方には雨となる見込み。6日までの雨量20~50㎜の範囲を予想。

(6月4日6時30分更新)

***具体的な各社予報はリンクから参照ください。***

●晴れは今日4日まで。5日は朝から雲が次第に厚くなり、夕方には雨となる見込み。6日までの雨量20~50㎜の範囲を予想。

●この雨は6日までだが、7日も北風で山越えの弱い雨が残る可能性があり(雨量予想は数㎜)、耕耘等の作業は不可能。

●この低気圧は発達しながら通過し、6日は東風で7日には吹き返しの北風がやや強くなる可能性がある。風速の予想は5日頃まで待つが、対策の準備はしておきたい。

●8日以降10日頃まで晴れベース予想だが、11日頃から大気の状態はやや不安定な日が続き、夕立で作業中断もありうる。

●梅雨入りは例年よりも遅く中旬頃という報道もあるが、まだ不確定要素は大きく、あくまで目安とし早まる可能性も念頭におく。

 

★気象協会予報 (詳細は→ 10日天気予報(気象協会)

★ウェザーニュースの週間天気 →  こちら(WNI)

★気象庁週間天気予報 → こちら(その週の平年値や予報

の信頼度などの付加情報あり。)

2022年6月 3日 (金)

4日までは晴れベースだが、午後は大気の状態が不安定となりやすく、雷雲発生には注意が必要。

(6月3日6時30分更新)

***具体的な各社予報はリンクから参照ください。***

●3日から4日までは晴れベースだが、共に午後は大気の状態が不安定となりやすく、雷雲発生には注意が必要。

●5日夕方から7日朝にかけての雨量予想については、まだ不確定要素が大きいが、2日間で20㎜~60㎜程度の幅で考え、かなりの雨量もあり得るとして準備。

●この低気圧は発達しながら通過し、7日には吹き返しの「広戸風もどき」の北風がやや強くなる可能性がある。風速の予想は5日頃まで待つが、対策の準備はしておきたい。

●8日以降の晴れベース予想だが、大きく場が変わる可能性があり予想は信頼性が低い。

●梅雨入りは例年よりも遅く中旬頃という報道もあるが、まだ不確定要素は大きく、あくまで目安とし早まる可能性も念頭におく。

 

★気象協会予報 (詳細は→ 10日天気予報(気象協会)

★ウェザーニュースの週間天気 →  こちら(WNI)

★気象庁週間天気予報 → こちら(その週の平年値や予報

の信頼度などの付加情報あり。)

2022年6月 2日 (木)

4日までは晴れベースだが、5日以降の予報が大きく変わった。現時点の予報では雨量もまとまったものになる。

(6月2日7時00分更新)

***具体的な各社予報はリンクから参照ください。***

●4日までは晴れベースだが、5日以降の予報が大きく変わった。現時点の予報では雨量もまとまったものになる。

●5日午後から6日にかけての雨量予想については、まだ確定して考えない方がよいが、その後の数日も作業ができない可能性もあり、スケジュールを大きく変更する必要あり。

●低気圧は発達しながら通過し、7日には吹き返しの「広戸風もどき」の北側が強くなる。風速の予想はまだできないが、突風で20m近い風も想定して準備する。

●8日以降の晴れベース予想だが、大きく場が変わる可能性があり予想は信頼性が低い。

 

★気象協会予報 (詳細は→ 10日天気予報(気象協会)

★ウェザーニュースの週間天気 →  こちら(WNI)

★気象庁週間天気予報 → こちら(その週の平年値や予報

の信頼度などの付加情報あり。)

2022年6月 1日 (水)

今日6月1日、上空の薄雲が広がるが晴れベースで良い天気が続く(~3日まで)。4日から雲が増えてくるが5日までは雨の心配はほぼない。

(6月1日7時20分更新)

***具体的な各社予報はリンクから参照ください。***

●昨日(31日)は午後に好天となり、今日(6月1日)から耕耘作業はできそう。

●今日6月1日、上空の薄雲が広がるが晴れベースで良い天気が続く(~3日まで)。4日から雲が増えてくるが5日までは雨の心配はほぼない。

●5日午後あたりから7日にかけて南岸を低気圧が通過。雨域の北側への広がりが大きくなると雨となる可能性が低いながらある。ただし降ったとしても雨量としては少なく、農作業への大きな支障にはならないとして計画する。

●その後も晴れベースが10日頃まで継続する見込みだが、夕立の可能性はあり、予報変化に注目する。雨無しの日が継続するので干害の可能性のある作物の管理に注意。

 

★気象協会予報 (詳細は→ 10日天気予報(気象協会)

★ウェザーニュースの週間天気 →  こちら(WNI)

★気象庁週間天気予報 → こちら(その週の平年値や予報

の信頼度などの付加情報あり。)

« 2022年5月 | トップページ | 2022年7月 »

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近の記事

最近のコメント

無料ブログはココログ